メインイメージ

ユニックを売却

無料査定を利用して廃車のユニックを売却する


建築業や土木業の現場では、特殊な機構を装備したブルドーザーやユンボ、ユニックなどの特殊車両が数多く稼動しています。
これらは、それぞれの用途に合わせた様々な機能を持っており、現場の作業効率を向上させるために無くてはならない物となっています。

建築業や土木業に携わる企業や会社では、こうした特殊車両を数多く揃えておく必要があります。
こうした特殊車両は、その使用環境が過酷なため、安全に使用し続けるためにこまめなメンテナンスが欠かせません。しかし、それでも故障などは発生するもので、その頻度が高くなると、修理にかかる費用も高額な物となっていきます。

また、会社や企業などが、その業務を変更や縮小したりした場合、不要となる車両が発生する場合もあります。こうした車両を死蔵しておいても、維持費はかかり、また、長期間使用しないと、再び使用した時に故障や不具合を起こす原因となります。
そのため、経費削減といった面でも、不用になったものや、修理費や維持費がかさむものは廃車にして処分を行ったほうが良い場合があります。

しかし、こうしたユニックなどの特殊車両は、一般的なディーラーや中古車販売店では買取の対象とならないことが殆どです。こうした店に処分を依頼しても、その廃車料金として様々な費用を請求されることになります。特に複数台の車両を処分する際には、この廃車費用は高額な物になってしまいます。
しかし、こうした特殊車両や故障車でも、買取専門業者であれば、買取を行うことが可能です。
買取専門業者では、流通のルートを海外市場や国内の様々な地域で行われるオークションに絞って取引を行なっているため、独自の相場での買取が可能です。そのため、一般的には価値のつかないこれらの特殊車両でも、査定の対象とすることができます。
特に国産の特殊車両は、海外で高い評価を受けており、耐久性や品質、また機能などは多くの信頼を集めるものとなっています。
そのため、古い年式のものや、故障などがあるものでも需要は高く、高額での取引が行われています。

また、不動車などの廃車であっても、特殊機構に問題がなかったり、純正の部品が付いている場合には、部品取り車両として価値が高いため、買取を行うことが出来ます。
多くの買取業者では、オンラインや電話、Faxで無料査定を実施しており、手軽に車両の相場を知ることが出来ます。
自走が不可能な廃車の引き取りや、出張査定などにも対応しているため、余計な手間や時間を取られないのも魅力の点です。