メインイメージ

還付金について

車の廃車に伴う還付金について


廃車登録手続きをすると戻ってくるお金があります。
自動車税は都道府県税で、毎年4月1日に保有している人に課せられる税金です。

納付は毎年4月に1年分まとめてすることになっています。
廃車にすれば以後の税金はかかりませんので、申請することによって還付金を月割りで受け取る事ができます。
排気量によって還付される金額は異なります。

軽自動車の場合にはもともとの税額が少ないため、年度途中で廃車にしても還付はありません。
その場合には3月に手続きを行なう事で、翌年度1年分の税金を節税することができます。
還付手続きは自動的にされるわけではないので、廃車の手続きをする際に還付手続きも行なわなくてはなりません。
廃車をしてから一週間以内に、陸運局に隣接する自動車税事務所か管轄県税事務所に申請を行ないます。
申請をした翌月に、支払い通知書が郵送で送られてくるので、

印鑑と本人であることを確認できる書類を持って、郵便局で換金の手続きを行ないます。
申請時に振込口座を記入した場合には振込となります。

重量税は重量によって課せられる税金の事で、購入時や車検の時に支払いをしています。
次の車検まで期間が1カ月以上のこっている場合に廃車手続きを行なった場合には還付金を月割りで受け取る事ができます。
こちらも申請をしないと還付金が戻ってきませんので、必ず申請を忘れないようにしましょう。
業者に解体を依頼して、解体を証明する書類を運輸支局に提出します。
その時に申請をしなければなりません。

一時抹消登録については、解体をするわけではないので重量税の還付はありません。
また買い取って貰った場合も解体されるわけではないので重量税の還付はありません。
注意しなければならないのが廃車と同時で手続きをしなければならないという事です。
廃車手続きを済ませてしまった後で、重量税の還付制度に気がついたとしても、
申請を受理してもらえないので注意が必要です。
必ず忘れないように申請しましょう。

自賠責保険についても残り期間が1カ月以上あれば、廃車後に手続きをすれば残りの金額が還付されます。
税金の場合と異なり保険の場合は単純に月割で戻ってくるわけではありません。
手続きは陸運局で抹消手続きが終了した後に、加入している保険会社で手続きを行ないます。
保険会社に申し出をしないと戻ってきませんので注意が必要です。
また自賠責保険の解約の手続きが遅れると、返金される金額が少なくなるので注意が必要です。