メインイメージ

軽トラック廃車費用

軽トラックの廃車にかかる費用について


仕事などで使用している軽トラックは、利便性がよく大型トラックに比べると小回りがよくきき乗りやすく、荷物も運びやすいのが特徴です。
もう使用しなくなってしまったバイクや自動車は勿論、軽トラックも廃車を行う事が必要で、廃車として処分するには費用がかかります。
廃車を行うには一時的と永久的な手続きがあり、一時的にやめる一時的な抹消登録とは一時的に使用をやめる場合にする廃車の手続きです。

永久的な抹消登録とは、自動車を解体して二度と乗れないようにスクラップにしてしまう廃車の手続きを言います。
最近では自動車の買い取り専門店などの業者に任せる方法などもありますが、自分で処分をする場合は自動車販売店の引き取り業者や、ディーラーや中古車販売店などで身近で探す手間も少なく、最も手軽な方法です。
ディーラーや中古車販売店でかかる手数料は、無料の場合から2万円で引き取り可能な範囲内であれば無料で引き取ってもらえるメリットもあります。

廃車の書類手続きでは、1万円から2万円前後で自動車販売店のほとんどでは廃車に必要な書類手続きは有料になり、車両の引き取り手数料と書類手続き手数料がかかります。
自動車販売店の処分のメリットとして、近所にもたくさんあり1番身近に感じられる引き取り業者であるので、気軽に処分が出来る事にあります。
その他での軽トラックの廃車の処分では、一般的にスクラップ屋さんと呼ばれている、自動車の解体処理を専門としている業者です。

スクラップをおこなっている業者では、代行なしの業者から有料や無料などがあり色々なタイプの業者がありますが、スクラップ業者では自動車解体を主に行っているので、廃車の書類手続きまでは代行をおこなっていないところが多いので、書類もすべて任せたい方は注意が必要です。
車両の引き取り手数料として、自動車販売店などと同じ料金で引き取りを行っていますが、メリットとして廃車予定の車を資源や部品に最大限に評価してくれ、買い取ってくれるところにあります。

個人での解体などはできませんが、自分で抹消登録などの書類上の車の処分は可能で、自分で手続きを行えば費用が無料か350円などと、安く済ませる事ができます。
代行をしてもらうと、料金がかかってしまいますので、出来る事なら自分で書類上の車の処分を行う事をおすすめします。
業者に依頼したところ、軽トラックの処分の書類手続きに費用が多く手数料が掛かってしまうといった事にないようにしたいです。